マッチングアプリ診断はこちら
ペアーズ(Pairs)

ペアーズ(Pairs)は本人確認(年齢確認)しないとメッセージできない?【できません】

✏️この記事を書いた人
れん
れん
ペアーズで実際に彼女を作った経験を基に情報を発信!

様々なマッチングアプリを駆使して、戦略的に恋活。ペアーズでは地方会員ながらも120いいねを獲得し、多くの女性と会ってきた。

マッチングアプリ「ペアーズ」をやっている皆さんから

一般男性A
一般男性A
ペアーズの本人確認って何?
一般女性A
一般女性A
ペアーズは本人確認しないとメッセージできないの?

という声をよく聞いたりします。

そんな「ペアーズの本人確認についてよく分かっていない方」に向けてこの記事を書いています。

この記事ではペアーズは「ペアーズの本人確認って何?」「ペアーズは本人確認しないとメッセージできないの?」「ペアーズの本人確認ができないんだけど、どうしたらいい?」という疑問にお答えします。

>>無料ダウンロードはこちら

あわせて読みたい
ペアーズ(Pairs)の評判・口コミを徹底解説!本当に出会えるのか検証してみた!この記事ではペアーズは「本当に出会えるアプリなのか?」「安全に使えるのか?」「危険な目に遭ったりしないのか?」という疑問にお答えします。そして、筆者の実際の体験談や他のペアーズユーザーの口コミ・評判から、ペアーズは使うべきアプリなのかを読者の皆さんにお伝えします。...

ペアーズ(Pairs)の本人確認が必要な理由

ペアーズをはじめとしたマッチングアプリでは本人確認が必須となっています。

しかし、下のように思う方も少なからずいるのではないでしょうか?

一般男性A
一般男性A
ペアーズ運営側に個人情報を渡すのは怖い
一般女性A
一般女性A
なんでわざわざ本人確認をしないといけないの?

結論としては「本人確認(年齢確認)しないと”法律的に”メッセージをしてはいけない」からです。

これを定める法律は「インターネット異性紹介事業を利用して児童を誘引する行為の規制等に関する法律」と呼ばれるものです。

この法律は18歳未満の児童と出会うためにアプリが利用されないようにするために存在するものであるので、それが故に本人確認(年齢確認)が必須になっています。

れん
れん
これはもう従うしかないので、これから本人確認について詳しく解説していきます!

ペアーズ(Pairs)の本人確認って怖くない?安全?

「本人確認が必須だということは分かったけど、個人情報の管理は大丈夫なのか」と不安になる方もいますよね。

れん
れん
結論から言うと、不安に思う必要はまったくありません。

その理由をこれから解説していきます。

ペアーズプライバシーポリシーに記載があるのですが、ペアーズは個人情報を厳重に取り扱っていると明言しています。

8. お客様の個人情報の保護方法
お客様の個人情報への不正アクセス、その改ざん、漏えいまたは破棄からお客様を保護するため、当社は可能な限りの努力を払っています。

当社は物理的、技術的、組織的な安全策を更新するため、システムの脆弱性や攻撃を定期的に監視するとともに、情報の収集、保存、処理業務を定期的にチェックしています。

引用元 : ペアーズ公式

このようにペアーズは個人情報の取り扱いを厳重に管理していることが分かります。

一般男性A
一般男性A
確かに個人情報を厳重に取り扱っているのは理解できたけど、その保証ってあるのかな?

それについては安心してください。

ペアーズはTRUSTeマークを取得し、個人情報保護法より高い水準で登録情報を管理しているため、個人情報が漏洩することはありません。

【TRUSTeとは】

Webサイトにおける個人情報の取り扱いの信頼性を証明する制度です。

TRUSTeが求める基準をクリアした企業には、認証取得の証として、TRUSTeのロゴマークをWeb上に掲載することが認められます。

れん
れん
これで安心して本人確認を行うことができますね!次は具体的な本人確認のやり方を解説していきます!

ペアーズ(Pairs)の年齢確認の具体的なやり方を解説!

ペアーズの本人確認は2つのステップに分かれています。

  • 本人確認ステップ1⇨公的証明書による年齢確認
  • 本人確認ステップ2⇨顔認証による本人確認

本人確認ステップ1を完了することでメッセージのやりとりなどができるようになります。

その一方で、本人確認ステップ2は任意で行うものであり、本人確認ステップ2を完了することで本人確認バッジが付与されます。

それぞれのステップに分けて説明していきます。

本人確認ステップ1のやり方

本人確認ステップ1では以下の書類で審査を行うので、いずれかの書類を手元に用意してください。

  • 運転免許証
  • パスポート(海外のパスポートは署名欄の確認を行います)
  • 健康保険証(記号と番号、保険者番号のマスキングが必要です)
  • マイナンバーカード

ただし、ペアーズ公式によると「公的証明書であっても生年月日の記載がないものや、有効期限が切れているものは本人確認書類として認められず、審査にて否認される」ことがあるそうです。

これらの書類を撮影して、提出することで本人確認ステップ1を完了できます。

本人確認ステップ2のやり方

本人確認ステップ2では、顔認証技術を用いて、以下の書類と写真・動画を使って審査するので、こちらもいずれかの書類を手元に用意してください。

  • 運転免許証
  • マイナンバーカード
  • 在留カード
  • パスポート(日本国発行のもの)

こちらも画面の操作に従っていけば良いので簡単に完了することができます。

ペアーズ(Pairs)の本人確認ができない?そのときの対処法を紹介!

手順通りに本人確認を行なったにも関わらず、否認されてしまった場合もあると思います。

ステップ別にその代表的な原因を確認していきましょう!

本人確認ステップ1が否認された

本人確認ステップ1ができない代表的な原因は4つあります。

  1. 書類の一部分が見切れている、隠れている
  2. 画像が不鮮明で情報が読み取れない
  3. 有効期限が切れている
  4. 本人確認ステップ1の書類として認められない書類である

これらの対処法についてペアーズ公式サイトで詳しく解説されているので、そちらをご確認ください。

本人確認ステップ2が否認された

こちらに関しては否認理由がお知らせやメールで届くので、内容を確かめて、再度本人確認ステップ2を行ってみてください。

また、本人確認ステップ2の書類撮影方法をよくご確認のうえ撮影してください。