マッチングアプリ診断はこちら
マッチングアプリ

【危険!?】マッチングアプリにいるやばい人とは?特徴と対処法を教えます

どうも、こんにちは!

みなさん、こんなことでお悩みではありませんか?

男性
男性
マッチングアプリにやばい人っているの?
女性
女性
マッチングアプリを安心して使いたい。
男性
男性
怪しい人が少ないマッチングアプリを知りたい。

結論、やばい人はマッチングアプリに一部存在していますが、対処法を知っていれば安心して利用することができます。

この記事を読むことで、次のような事がわかります。

  1. マッチングアプリにいるやばい人の具体例
  2. やばい人に騙されないための対処法
  3. 真剣なユーザーが多いマッチングアプリ

それでは早速、マッチングアプリのやばい人について紹介していきます。

マッチングアプリにいるやばい人とは?

ここでは、マッチングアプリにいるやばい人について紹介します。

マッチングアプリを利用している人の中には、やばい人が一部紛れています。

マッチングアプリにいるやばい人はこちらの人達です。

マッチングアプリにいるやばい人
  1. 業者
  2. デートをブッチ
  3. 写真詐欺
  4. 既婚者
  5. 奢りを強要

やばい人①:業者

マッチングアプリには業者と呼ばれる、やばい人が存在しています。

業者とは、マッチングした相手から金銭や個人情報の取得を目的としているユーザーのことです。

業者には次のような種類があります。

業者の種類
  1. 別サイトへの誘導
  2. 風俗勧誘
  3. 宗教勧誘
  4. 美人局
  5. マルチ商法

「業者のようなやばい人に会いたくない」と思う方もいますよね。

業者かどうかを見分けるためには、プロフィールをよく確認しましょう。

次のような特徴があれば業者の可能性があります。

業者の特徴
  1. メイン写真が美女
  2. お金持ちアピールした写真
  3. 自己紹介文に「ビジネス・収入」に関する用語が多く使われている

上記の特徴がある相手とマッチングした場合は、業者を疑いましょう。

やばい人②:デートをブッチ

マッチングアプリを利用している人の中には、デートの約束をしているにも関わらず、当日待ち合わせ場所に現れない人がいます。

デートをブッチする理由としては、「遠くから顔を確認して、気に入らなかったらデートしない」といったことが挙げられます。

筆者には、デートをブッチされた苦い経験があります。

マッチングアプリを利用し、初めて約束したデートの際にブッチされました。

デートの前日まで相手とメッセージのやりとりをしていたのですが、見事に集合場所に現れませんでした。

「もう少しで着きそう?」などのメッセージを送るも、無視されました。

皆さんにはこんな辛い思いをして欲しくありません。

相手が待ち合わせ場所に現れないといった事態を避けるために、デートをする前に細かく連絡を取り合ったり、電話をしたりしましょう。

やばい人③:写真詐欺

マッチングアプリにいるやばい人として、写真詐欺をしているユーザーが挙げられます。

写真詐欺とは、プロフィール写真と現実とのギャップが大きいことを指します。

5ch(旧2ch)には写真詐欺に関するこのような口コミがありました。

俺はいいね200ちょいだったけど写真で可愛いのが15人くらい、会えたのが8人でうち4人は写真詐欺だった。

ほとんどのユーザーは、盛れている写真をプロフィール写真に設定しています。

その結果、実際にデートで対面した時にがっかりしてしまいます。

写真詐欺をしているユーザーに会わないためには、事前にビデオ通話をするなどしてお互いの顔を確認しておくことをおすすめします。

やばい人④:既婚者

マッチングアプリの中には一部、既婚者が紛れていることを知っていましたか?

ほとんどのマッチングアプリでは、独身証明書などの提出が求められていないため既婚者でも登録できます。

誰でもマッチングアプリに登録できるため、既婚者を排除するのが難しいです。

5ch(旧2ch)には、既婚者に関するこのような口コミがありました。

既婚者の何が悪い。ヤリモクなんだよ、察しろや。会社の同僚も既婚者だがペアーズやってるぞ。既婚者が嫌なら他探せ。

既婚者がマッチングアプリを利用する目的は、性欲を満たすためです。

既婚者には次のような特徴があります。

既婚者の特徴
  1. 土日や祝日のデートを嫌がる
  2. すぐに会う約束をしてくる
  3. 写真を撮りたがらない

上記の特徴が見られるユーザーには注意しましょう。

やばい人⑤:奢りを強要

ご飯デートをした際に、奢りを強要してくる女性がいます。

5ch(旧2ch)には次のような体験談が投稿されていました。

会計時に俺何も言ってないのに、「次私が払うので、初回はカッコつけてくださいよー」と店員の前で謎のことを言われる。お礼はなし。今だにライン1通もなし。勉強代6500円

デートの料金は、男性が奢って当たり前ではありません。

このような被害に遭わないためには、相手のプロフィール情報のデート費用が「お相手が全て支払う」などになっていないかを確認しましょう。

マッチングアプリのやばい人への対処法

「マッチングアプリのやばい人に会いたくない」と思う方もいますよね。

そんな方に向けて、マッチング前とマッチング後に分けて対処法を紹介します。

マッチング前の対処法3選

マッチング前のやばい人への対処法は次の3つです。

マッチング前のやばい人への対処法
  1. プロフィールの確認をする
  2. 写真が怪しければ画像検索をする
  3. 「業者・既婚者お断り」とプロフィールに書く

対処法①:プロフィールの確認をする

相手のプロフィールを確認することでやばい人に出会う確率を減らせます。

特に業者のような人には、プロフィールに特徴があります。

具体的には、次のようなことをチェックしてください。

やばい人のプロフィール例
  1. 写真が美女すぎないか
  2. 自己紹介文にビジネスに関する用語がない
  3. メイン写真を過度に加工している

一つでも当てはまるものがあればやばい人の可能性があります。

やばい人の被害を減らすために相手のプロフィールを確認しましょう。

対処法②:写真が怪しければ画像検索をする

相手のプロフィール写真が美しすぎると感じたら、画像検索をしてみましょう。

相手が業者であれば、プロフィールにネット上の写真を使っていることがあります。

画像検索をしてヒットした場合は、やばい人の可能性が高いです。

美女とマッチングした際には一度、画像検索をすることをおすすめします。

対処法③:「業者・既婚者お断り」とプロフィールに書く

プロフィールに「業者・既婚者お断り」と書くことで、業者や既婚者への対策ができます。

業者や既婚者は、こういったプロフィールを見ると「この人は、いいねしても意味ないかな…」と感じます。

その結果、ターゲットにされにくくなります。

そのため、「自分は業者や既婚者の存在を認識しているんだ」と示す文章をプロフィールに書きましょう。

マッチング後の対処法3選

マッチング後のやばい人への対処法は次の3つです。

マッチング後のやばい人への対処法
  1. 連絡先をすぐに教えない
  2. 電話をする
  3. 通報する

対処法①:連絡先をすぐに教えない

マッチングした相手がやばい人だと感じた場合は、連絡先をすぐに教えないようにしましょう!

連絡先を聞いてくる相手は、業者や既婚者の場合があります。

どちらにしてもやばい人であることは間違いありません。

連絡先を交換するまでには、少なくとも3日程度はメッセージのやりとりをするように心がけましょう。

連絡先を交換する前に電話をしておくとさらに無難です。

対処法②:電話をする

マッチング後の対処法の2つ目は、電話をすることです。

電話をすることで、メッセージだけではわからない部分がわかるようになります。

具体的には次のような内容が電話をすることでわかります。

電話することでわかる内容
  1. 相手の温度感
  2. 相手の話すスピード
  3. 相手の笑うツボ
  4. 相手のテンション

そのため、メッセージに加えて電話をした場合は、相手が真剣に恋活・婚活を目的としているユーザーかどうかの判断がしやすいです。

また、ビデオ通話機能を備えたマッチングアプリも存在するため、デートをする前に利用してみることをおすすめします!

対処法③:通報する

マッチング後に相手がやばい人だと感じた時は、通報しましょう!

通報することで、自分だけではなく他のユーザーの被害も防ぐことができます。

例えばOmiaiでは通報されると、怪しいユーザーとしてプロフィールにイエローカードが付きます。

その結果、やばい人かどうかを簡単に見分けることができ、被害を軽減することができます。

マッチングアプリを安心して使うためにも、やばい人を見つけたら通報しましょう。

真剣なユーザーが多いおすすめのマッチングアプリ

マッチングアプリを使って真剣な恋活・婚活をしたい方に向けて、筆者のおすすめのマッチングアプリを3つ紹介します!

おすすめのマッチングアプリ
  1. Omiai
  2. ペアーズ(Pairs)
  3. クロスミー(CROSS ME)

将来を見据えた相手を探すなら「Omiai」

会員数 累計600万人(2020年10月)
年齢層 20代前半〜30代前半
利用目的 恋活・婚活
月額料金 3,980円
運営会社 株式会社ネットマーケティング

Omiaiのメインユーザーは20代〜30代前半、累計会員数は600万人を突破し躍進を続けています。Omiaiは人気女優「のん」さんがアンバサダーを務める恋活・婚活アプリです。

Omiaiの最大の特徴は「真剣度の高いユーザーが圧倒的に多い」という点にあります。

Omiaiの運営会社の調査ではユーザーの97%が結婚を意識していることが分かっています。

Omiaiは真剣に出会いを探している20代〜30代前半の方におすすめのマッチングアプリです。

Omiaiの公式サイトでは、実際にアプリで交際・結婚したカップルの『良縁報告』を見ることができます。ぜひ、チェックしてくださいね。

Omiaiをおすすめしたい人
  1. 真剣に恋活・婚活をしたい人
  2. 20代〜30代前半の人
  3. 豊富な検索機能で理想の相手を探したい人

>>Omiaiの無料ダウンロードはこちら

地方在住・恋活をしたいなら「ペアーズ(Pairs)」

会員数 累計1,000万人(2021年2月)
年齢層 20代〜30代前半
利用目的 恋活
月額料金 3590円
運営会社 株式会社エウレカ

ペアーズは累計会員数が1000万人を超える国内最大規模のマッチングアプリです。

ペアーズのメインユーザーは20代〜30代前半!10万以上のキーワードから相手を検索できるため、自分の性格・価値観にぴったりのパートナーが見つかります。

会員数が多いため、地方在住の方も理想の相手を見つけられる点が魅力的です。

ペアーズの公式サイトでは、実際にアプリで交際・結婚したカップルの『幸せレポート』を見ることができます。ぜひ、チェックしてくださいね。

ペアーズをおすすめしたい人
  1. 真剣に恋活したい人
  2. 20代〜30代前半の人
  3. 地方在住の人

>>ペアーズの無料ダウンロードはこちら

すれ違いマッチングの「クロスミー」

会員数 累計75万人(2021年2月)
年齢層 20代前半〜30代前半
利用目的 恋活・遊び
月額料金 4,200円
運営会社 株式会社プレイモーション

クロスミーは、道ですれ違った人とマッチングできる恋活マッチングアプリです。

「今日マッチングして、今日会う」ことに特化し、「今日はなんだか誰かとデートしたい気分」といった人から、「ドタキャンで時間が空いてしまった」という人まで、様々なニーズをカバーしています。

スマホのGPSでリアルタイムにすれ違った相手が分かるので、いつもの道を歩いているだけで出会いが見つかります。

そのため出会うハードルはお互いに低いと言えます。

クロスミーをおすすめしたい人
  1. 気軽な恋愛がしたい20代
  2. 都市部に住んでいる人
  3. ノリの良い相手が好きな人

>>無料ダウンロードはこちら