マッチングアプリ診断はこちら
Omiai(お見合い)

Omiaiの最適なメッセージ頻度は?やりとりが少ないと脈なし?

結論
  • 相手とメッセージ頻度を合わせるべき
  • 頻度は人それぞれである
  • メッセージが少ない=脈なしとは限らない

みなさんこんにちは!

現役女子大生のあすぽんです。

突然ですが、このようなことでお悩みではありませんか?

男性
男性
メッセージが続いているけど、嫌われない頻度ってどのくらい?
男性
男性
メッセージが続かない。送る頻度が多すぎたかな

結論、気になる相手と仲を深めるためには、メッセージの頻度を合わせることが重要です。

この記事を読めば、以下のことが理解できます。

  • Omiaiでおすすめのメッセージ頻度
  • Omiaiでメッセージからデートに誘うタイミング
  • Omiaiでメッセージを続けるコツ

適切な頻度を理解すれば、気になる相手と仲を深めデートに行くことも可能です。

ぜひ参考にしてみてください!

>>無料ダウンロードはこちら

【結論】Omiaiのメッセージ頻度は相手次第で変化させるべき!

結論、Omiaiのメッセージ頻度は相手次第で変化させるべきです。

理由は以下の3つです。

  1. 生活スタイルは人それぞれだから
  2. メッセージ頻度は人によって異なるから
  3. ミラーリング効果が働くから

3つの理由を詳しく解説していきます!

理由①:生活スタイルは人それぞれだから

1つ目の理由は、生活スタイルは人それぞれだからです。

Omiaiのユーザーは大学生から社会人と、様々な環境の人が存在します。

  • 土日休みor平日休み
  • 朝型or夜型

活動時間は人によって異なるため、Omiaiに割ける時間や量も変化するのです。

実際に女子大生の私が、社会人の方とやりとりしていた時のことです。

学生の私がOmiaiを開くのは平日の昼間。いつも通り平日の昼間に連絡をしました。

しかし、社会人の相手は平日の昼間は仕事です。

平日の昼間にOmiaiを使うことができず、返信は自然と夜になります。

夜はアルバイトで携帯を見ることが少ない私。

中々お互いの返信時間が合いません。

その結果、お互いのメッセージ頻度が下がってしまい、連絡が途絶えてしまいました。

「お互いが返せるときに返せばいいじゃないか」という考えもあるかもしれません。

しかし、お互いの返信頻度があまりにも合わないと、話が盛り上がらずメッセージが途絶えてしまいます。

仲を深める最初の段階は、相手の生活スタイルを配慮することがおすすめです。

理由②:メッセージ頻度は人によって異なるから

2つ目の理由は、メッセージ頻度は人によって異なるからです。

メッセージ頻度は、「相手の忙しさ」「あなたに抱いている感情」など様々な要素によって変化します。

メッセージ頻度が多いと安心ですが、頻度が少ないと「脈なしかも」と不安になりますよね。

そこでメッセージ頻度が少ない人の特徴を3つ紹介します。

メッセージ頻度が少ない人の特徴3つ
  1. 仕事が忙しい
  2. あなたと生活リズムが異なる
  3. まだあなたに興味がない

特徴①:仕事が忙しい

特徴1つ目は、仕事が忙しいことです。

仕事が忙しい人はプライベートの時間が少なく、Omiaiを使う時間が限られています。

あなたも仕事で疲れ、Omiaiを開く時間がない時はありませんか?

仕事が忙しいとOmiaiを開く頻度が減り、返信頻度も下がるのです。

特徴②:あなたと生活リズムが異なる

特徴2つ目は、あなたと生活リズムが異なることです。

生活リズムが異なると、起きている時間や仕事している時間が異なります。

そのためOmiaiを使う時間も様々です。

あなたが起きている時間は、相手が休んでいる時間かもしれません。

相手と生活リズムが異なると、やりとりの時間が合わず、頻度が少ないと感じるでしょう。

特徴③:まだあなたに興味がない

特徴3つ目は、まだあなたに興味がないことです。

興味がないと、自然と頻度は少なくなります。

なぜなら、相手が女性の場合、他の男性からもアプローチを受け、たくさんのメッセージをもらっているからです。

多くのメッセージを受け取る女性は、興味のない人には意識が向かなくなります。

その結果、返信頻度が下がるのです。

メッセージが多い人か、少ない人かを見極め、相手の状況次第で頻度を変化させることがおすすめです。

理由③:ミラーリング効果が働くから

3つ目の理由は、ミラーリング効果が働くからです。

突然ですが、「ミラーリング効果」をご存知でしょうか?

ミラーリング効果とは、自分と同じ仕草を行う相手に好感を抱く効果のことです。

相手と頻度を合わせて返信をすることは、ミラーリング効果に該当します。

頻度を合わせて返信をした結果、相手に好感を与えることができるのです。

ミラーリング効果を働かせるために、相手の状況次第で頻度を変化させることはとても重要です!

Omiaiでメッセージが続かない原因3選

この章では、Omiaiでメッセージが続かない原因を3つご紹介します。

原因は以下の3つです。

Omiaiでメッセージが続かない原因3選
  • 送る時間を意識していない
  • メッセージ内容のクセが強い
  • 頻度が多すぎるor少なすぎる

結論、メッセージが続かない原因に共通していることは「相手目線に立てていない」ことです。

原因①:送る時間を意識していない

原因1つ目は、送る時間を意識していないからです。

前提として、生活リズムは人それぞれです。

人によって生活リズムが異なるため、Omiaiを使う時間も人それぞれです。

送る時間を意識していないと、「あなたが返信できる時間」「相手が返信できる時間」が合いません。

返信時間が合わない結果、メッセージが続かなくなるのです。

「相手が返信しやすく、Omiaiを開いていそうな時間」を意識することが、メッセージを続けるポイントです。

原因②:メッセージ内容のクセが強い

2つ目の原因は、メッセージ内容のクセが強いからです。

メッセージ内容のクセが強いと、相手は反応に困り返信が面倒になります。

具体的に、クセの強いメッセージは以下の通りです。

クセの強いメッセージの特徴
  • 自己主張、自慢が多い
  • 高圧的である
  • 顔文字を多用しており、おじさん構文を連想させる

返信がこなくなったメッセージは、上記のクセの強いメッセージの特徴に当てはまっていませんか?

中には「冗談のつもりで送ったのに」というメッセージもあるでしょう。

しかし、仲が良ければ通用する冗談も、お互いを深く知らない状態だと理解してもらえません。

理解してもらえなかった結果、「気が合わない」と思われ、メッセージが続かなくなります。

クセの強いメッセージは避け、当たり障りのない内容がおすすめです。

原因③:頻度が多すぎるor少なすぎる

3つ目の原因は頻度が多すぎる、あるいは少なすぎることです。

メッセージ頻度が多すぎると、「しつこい」「ストーカー気質」と思われ、相手はメッセージを返す気になりません。

対して、メッセージ頻度が少なすぎると他のユーザーに埋もれ、相手の認識から消えてしまうでしょう。

具体的に「多すぎ」「少なすぎ」と認定される頻度は、以下の通りです。

頻度が多すぎる

  • 追撃メッセージをする人
  • 相手の返信間隔よりはるかに早い返信

頻度が少なすぎる

  • 返信が1日以上かかる

多すぎても少なすぎても、相手との距離を詰めることは難しいでしょう。

メッセージが続かない人は、以上3つの原因に当てはまっていないか確認してみてください!

Omiaiでメッセージを続けるコツは?

この章では、Omiaiでメッセージを続けるコツを3つご紹介します。

メッセージを続けるコツは、以下の3つです。

メッセージを続けるコツ
  1. 返信間隔を合わせる
  2. 相手のプロフィールを熟読する
  3. 文末を質問で終える

3つのコツを理解し、気になる相手とのメッセージを楽しみましょう!

コツ①:返信間隔を合わせる

1つ目のコツは、相手と返信間隔を合わせることです。

なぜなら、返信間隔を合わせることでミラーリング効果が働き、相手があなたに好印象を抱くからです。

ミラーリング効果とは
  • 自分と同じ仕草を行う相手に好感を抱く効果のこと

相手と頻度を合わせて返信をすることで、ミラーリング効果が働きます。

頻度を合わせて返信をすると、相手があなたに好印象を抱きます。

好印象を抱いた結果、相手が自然とあなたのメッセージを返すようになるでしょう。

ミラーリング効果を働かせるために、相手と返信間隔を合わせることはとても重要です。

コツ②:相手のプロフィールを熟読する

2つ目のコツは、相手のプロフィールを熟読することです。

プロフィールには相手を知るための情報が詰まっています。

具体的には、以下の項目です。

  • 相手の職業
  • 趣味
  • 休日
  • 出身地

趣味が分かれば、共通点から話を広げやすくなります。

また休みの曜日を知れば、相手が返信しやすいタイミングが分かります。

休みの曜日にメッセージを送ることで、相手の返信率が上がり、仲が深まることもあるでしょう。

メッセージを続けるために、相手の状況を理解することは重要です。

プロフィールは端から端まで熟読しましょう。

コツ③:文末を質問で終える

3つめのコツは、文末を質問で終えることです。

文末を質問で終えることで、話のきっかけが生まれ相手が返信しやすくなります。

一例は以下の通りです。

「カフェお好きなんですね!最近のおすすめのカフェありますか?」

「音楽私も好きです!洋楽のOOとか聞きますか?」

女性は多くの男性からアプローチを受けているため、やりとりできる男性の数にも限度があります。

「返しやすい!」と感じてもらうために、文末を質問で終えることはとてもおすすめです。

Omiaiでデートに誘うタイミングは?

この章では、Omiaiでデートに誘うタイミング3つをご紹介します。

気になる女性をデートに誘いたいけど、タイミングが分からない方は必見です!

タイミング①:オンラインデートをしたあと

デートに誘うタイミングの1つ目は、オンラインデートをしたあとです。

Omiaiには「オンラインデート機能」があります。

オンラインデートとは
  • 1回15分、無料でオンライン通話ができる機能のこと

オンラインデートをすると、テキスト上では分からない声や雰囲気が分かります。

声や雰囲気が分かることで、思いがけず話が盛り上がりその場でデートの約束をすることもあるでしょう!

対して、「この人とは合わないかも」という新たな発見もあるかもしれません。

実際に私も、デートの前にオンラインデートをしたことがあります。

相手の雰囲気が分かり、安心してデートに行くことができました。

オンラインデート体験談について、気になる方はこちらをご覧ください!

あわせて読みたい
Omiaiでメッセージがこないのはなぜ? 原因と対策をステップ別に大解説! 皆さんこんにちは。 突然ですが、こんな悩みを抱えていませんか? この記事を全て読めば ...

タイミング②:連絡を1週間以上取ったあと

デートに誘うタイミング2つ目は、連絡を1週間以上取ったあとです。

なぜなら、1週間以上連絡が続いていれば、お互いに興味を持っている状態だと考えられるからです。

中には早くデートに行きたい気持ちが先走り、2日程度のやりとりでデートに誘う人もいるかもしれません。

しかし、2日程度のやりとりでデートに誘うと、「展開が早すぎて怖い」と感じる女性も存在します。

デートの約束をするためには、1週間以上は連絡を取ることをおすすめします。

中には「1週間だと早すぎる」と感じる女性もいるため、相手の状況を見極めることがポイントです。

タイミング③:お互いの共通点を理解したあと

デートに誘うタイミング3つ目は、お互いの共通点を理解したあとです。

お互いの共通点を理解すると、話が盛り上がり相手はあなたに親近感を感じます。

親近感を感じることで、相手はあなたのことをもっと知りたくなるでしょう。

例えば、美味しいコーヒー店の話で盛り上がった場合です。

美味しいコーヒー店の話で盛り上がれば、「今度一緒にコーヒー飲みに行きませんか」と自然な流れでデートに誘えます。

趣味や食事など、お互いの共通点を理解したあとデートに誘ってみましょう!

盛り上がったタイミングにデートを誘えば、成功率UPです!

まとめ

この記事ではOmiaiの最適なメッセージ頻度についてご紹介しました。

結論
  • 相手とメッセージ頻度を合わせるべき
  • 頻度は人それぞれである
  • メッセージが少ない=脈なしとは限らない

最適なメッセージ頻度を理解し、気になる相手と仲を深めましょう!

さあ、新世代の恋活・婚活へ!

>>無料ダウンロードはこちら