マッチングアプリ診断はこちら
ラブサーチ

ラブサーチにサクラや業者はいる?特徴や見分け方を解説します

この記事の結論
  1. ラブサーチにサクラはいない
  2. 迷惑行為を行う業者はわずかだが存在する
  3. 不可解な行動をしていたらほぼ間違いなく業者

皆さんこんにちは。編集長のガッシーです。

  • ラブサーチにサクラ・業者はいる?安全に使えるの?
  • サクラ・業者の特徴は?出会わないための見分け方はある?

マッチングアプリ「ラブサーチ」を使う際に、サクラや業者の有無は重要な判断材料。

そこで今回は、ラブサーチにおけるサクラ・業者の有無や特徴、騙されないための見分け方を徹底解説していきます。

この記事を読むことで、ラブサーチが安心して利用できるアプリだと分かります。

是非とも最後まで読み進めてくれたら嬉しいです!

>>無料ダウンロードはこちら

結論:マリッシュにサクラは存在しない

結論、マリッシュにサクラは存在しません。

ここでは、マリッシュでサクラの心配をしなくても良い理由を3つ解説します。

サクラの心配が不要な3つの理由
  1. インターネット異性紹介事業に届け出済み
  2. 月額制のためサクラを雇っても収益が上がらない
  3. 実際に出会えた報告をしている人が多く信頼できる

理由①:インターネット異性紹介事業に届け出済み

ラブサーチは、インターネット異性紹介事業に届けを出しているアプリです。

インターネット異性紹介事業届け出は、警視庁から認可が下りなければ取得できず、法律に則って運営されていることを意味します。

入念な調査の末に認可が下りているため、健全な運営形態であることが分かります。

理由②:月額制のためサクラを雇っても収益が上がらない

ラブサーチは、月額課金の課金形態を取っているため、サクラを使って課金させたとしても、月額の利用料金しか運営側には入りません。

またサクラを雇うにも人件費がかかり、それらを考慮すると採算が合わないため、ラブサーチ運営がサクラを使うことは現実的でないことが分かります。

月額課金制のラブサーチでは、サクラを使うメリットが存在しません。

理由③:実際に出会えた報告をしている人が多く信頼できる

ラブサーチの公式サイトには、実際に出会った人のレポートが掲載されています。

沢山の人が出会えているのが一目瞭然であり、サクラを使う必要がないことが分かります。

>>無料ダウンロードはこちら

運営と無関係の業者は一定数存在する

サクラは存在しませんが、運営と無関係で迷惑行為を行う「業者」は一定数存在します。

サクラと業者の違い
業者とは、自分たちの利益のためにユーザーを騙す会員のことを指します。

混同して使われがちですが、サクラに遭遇した口コミは、業者であることがほとんどです。

ただし、健全な運営をしているため、他アプリと比較して業者は少ない傾向にあります。

ここでは、ラブサーチに業者が少ない理由を解説していきます。

ラブサーチに業者が少ない2つの理由
  1. 24時間サポートで安全
  2. 婚活アプリのため業者が入りづらい

理由①:24時間サポートで安全

ラブサーチの運営は、24時間365日サポートおよび全体監視をしています。

そのため業者と思わしき人物を通報すれば、運営が適切なアクションを起こしてくれます。

理由②:婚活アプリのため業者が入りづらい

婚活ユーザーは相手を入念に見極めるため、業者にとって騙しにくい存在です。

騙しやすいライトな恋活系や出会い系に行くことが多く、婚活系には少ないです。

とはいえ、まんまと騙される可能性があるため、出会った際の対策法をご紹介します。

>>無料ダウンロードはこちら

業者に騙されないための対策

ここでは、業者に出会ってしまった際に騙されないための対策法を解説していきます。

現実世界と同じように、甘い話にはウラがあることがほとんどです。

業者を見分けるポイント3選
  1. 「自由に生きる」「投資」という記載に注意
  2. 海外旅行や高級料理の写真に注意
  3. すぐに「会いたい」というメッセージは警戒

ポイント①:「自由に生きる」「投資」といった記載に注意

「自由」だとか「好きなことをして生活している」なんて言葉には憧れてしまいます。

マッチングアプリで耳障りの良いことを書いている人は、ほぼ業者確定です。

楽をしてお金を稼いでいるようにアピールし、商材に勧誘することが業者の目的です。

ポイント②:海外旅行や高級料理の写真に注意

業者は、海外旅行や高級料理の写真を載せて「悠々自適な生活」アピールをしてきます。

写真だと信じてしまいがちですが、拾ってきた画像を使っている可能性が高いです。

プロフィールやメッセージを確認する際は、写真も要チェックです。

ポイント③:すぐに「会いたい」とメッセージが来たら警戒

業者は出会って勧誘するのが目的なので、マッチング後すぐに会おうとしてきます。

真剣なユーザーなら、メッセージで相手の人柄を見てから会いたいと思うのが普通です。

メッセージ1回目で会おうと言ってくるユーザーは業者だと思って警戒しましょう。

>>無料ダウンロードはこちら

サクラと勘違いされる一般ユーザーの特徴と見分け方

ここまでサクラや業者について解説してきましたが、一般ユーザーをサクラと勘違いしている方もたくさん見受けられます。

サクラと勘違いしてしまい素敵な出会いを逃してしまうのはもったいないです。

ここでは、サクラと勘違いしやすい一般ユーザーの特徴をご紹介します。

サクラに似ている一般ユーザーの特徴
  1. マッチングしたのにメッセージの返信がない
  2. 相手からメッセージが来たのに返信がない
  3. マッチングした相手が急に退会した

特徴①:マッチングしたのにメッセージの返信がない

マッチングしたのに返信が来ないと「サクラなのでは?」と決めつけてしまいがちです。

ただし、メッセージを返信しない女性はサクラではないことが多いです。

実は、女性は男性に比べて何倍もマッチングしているため、女性はメッセージ内容やプロフィールを見て返信するかしないかを決めています。

マッチングしたのに返信が来なかった時は、他の男性とマッチングしてしまったり、自身が送ったメッセージ内容がイマイチだったと考え、次の機会に活かしましょう。

特徴②:相手からメッセージが来たのに返信がない

マッチングした後、相手からメッセージが来て返信したのに無視されてしまうと、サクラかと思ってしまいがちですよね。

こちらも先に送ったメッセージに返信がないのと同じく、無視されてしまう理由は女性が返信相手を選んでいるからです。

また、大量のメッセージに埋もれて気づいていない可能性もあります。

最初のメッセージは質問をするなど、相手が返信しやすい文面にして、無視されたり気づかれないことを減らすようにしましょう。

特徴③:マッチングした相手が急に退会した

マッチングした相手が急に退会すると、相手がサクラじゃなかったかと思いますよね。

相手が急に退会した場合は、サクラではなく自分自身が何らかの原因を引き起こしてしまったことでブロックされたと考えましょう。

基本的に、メッセージで相手に不快な思いをさせてしまうとブロックされてしまうので、メッセージを送る際は一度文面を確認してから送るようにしましょう。

>>無料ダウンロードはこちら

まとめ:ラブサーチは業者はいるが対策すれば問題ない

ラブサーチにはサクラはいませんが、一定数業者が存在します。

ただし、業者は本文中で紹介した特徴と見分け方を抑えていれば怖がる必要はありません。

サクラや業者は軽くいなしつつ、素敵な異性と出会うことを陰ながら応援しています。

>>無料ダウンロードはこちら