マッチングアプリ診断はこちら
マッチングアプリ図鑑

【マッチングアプリ図鑑No.5】Tinderに大量発生!?最初の草むらに出てくるやつ

みなさんこんにちは、マッチングアプリ研究所の研究員の🔥ぱいん🔥です。

マッチングアプリで100人以上のエリィトを採集してきたぱいん研究員が、マッチングアプリに生息するエリィトたちの生態と習性について詳しくご紹介します。

現在進行形でフィールドワークに励んでいるので、Twitterもチェックしてみて下さいね♪

>>🔥ぱいん研究員🔥のTwitterはこちら

【図鑑No.5】最初の草むらに出てくるやつ

基本データ

学名:最初の草むらに出てくるやつ
分類:Tinder
全長:173㎝
分布:新宿
詳細:東京大学理科一類
習性:無難なトークを繰り広げる

芸能人で言うと星野源くらいの一般的な顔面偏差値(ここで星野源は平均以上だというヤジが飛ぶ)と適度な清潔感に全身ユニクロで揃えてそうな服装。

彼が東京大学の学生であることを除くと、至って普通の大学生であった。

駅ビルに入っている人気のカフェでスイーツを食べようという微笑ましいアポ。

しかし、両者Tinder初心者だったため薄い話しかできずケーキを食べた事以外ほとんど記憶に残っていない。

おそらく、

東大生
東大生
引っ越したばかりだから家具欲しいんだね~IKEAとか行きたい!
ぱいん研究員
ぱいん研究員
いいですね!今度一緒に行きましょうよ。

とその場のノリで会話していて、健全解散した後に

「家具買うの付き合って!いつ空いてる?」

とLINEが来ていたのだが、Tinderには安定より刺激を求めるぱいん研究員は同じ男性と会うなら他の男性の研究に時間を費やしたい+次回会ったときに会話を続かせる自信もなく

「予定わかったらまた連絡します!」

とお決まりの試合終了フレーズを投げる。多分相手もそんなに私にハマっていなかったのでそのままフェードアウト。

3年後にタップルで見つけた写真越しの彼はどこか垢抜けて「女」を知った顔をしていた。

研究対象から学ぶモテポイント・モテないポイント

・意外と難しい「まともで普通の男性」の基準をクリアしている。
→最初から下心をださない、だらしない格好をしないなど基本的で当たり前なことができている。

モテないポイント
・使用するマッチングアプリが合っていなかった。
→刺激より安定性がウリの彼はたぶん本気で恋活をしている女性が多いタップルやwithのほうが向いている。